粟野春慶塗(無形文化財 漆器)

粟野春慶塗

春慶塗とは、器に透明な漆を塗り、木目が美しく透けるように仕上げる漆塗りの技法のひとつ。
1489年、稲川山城主源義明が現在の城里町粟で始めたと伝えられる、日本最古の春慶塗。
別名「水戸春慶」と呼ばれ、日本三春慶のひとつに数えられる伝統漆工芸。
県無形文化財指定・県郷土工芸品指定。

稲川 武男
茨城県郷土工芸技術後継者
茨城県より平成天皇への献上品を作製
日本民芸協会賞受賞
旭日双光章 叙勲




作品はすべて実店舗と共有しています。
実店舗での販売によりご注文いただいた商品をご用意できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。


*発送について*
ご注文商品の発送について、商品代金のご入金確認から発送まで2、3日(定休日・臨時休業日を除く)いただきますのでご了承ください

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

1商品中 1-1商品


ご注文の前に左下のカレンダーをご覧いただき、店休日をご確認ください。


お買い物の前に

モバイルショップ